詳しく知っておこう!ファクタリングのメリットとデメリット


ファクタリングのメリット

事業資金を集める方法としてファクタリングというものがあり、多くのメリットを有していることから様々な人に利用されています。ファクタリングの便利なメリットとして挙げられるのが、資金を調達するための日数が短くて済むことです。利用する会社によっても多少異なりますが数日ほどで調達することが可能であり、中には即日利用可能なところもあります。この短期調達を可能にしているのが、融通の利く審査基準となります。ファクタリングは簡単に言えば債権の買取のことなのですが、売掛先の企業の存在証明を示すことができれば、比較的簡単に審査が通るのです。たとえ少しばかり債務を超過していたとしても売掛金が安定していれば、それを考慮して債権を買取ってくれるところも少なくありません。

ファクタリングのデメリット

事業をするに当たって非常に便利なファクタリングですが、やはりデメリットはあります。その一つが手数料が掛かることであり、融資などの他の資金調達方法よりも若干割高となっています。これは迅速に事業資金を集められるからこそのデメリットということもでき、その手数料はファクタリングをしてくれる会社への見返りとして支払います。ファクタリングのデメリットはもう一つあり、それが債権譲渡登記をすることです。これはファクタリング会社側が詐欺などの被害に遭わないようにするために、その会社側が利用する事業者側に求めます。買取金額が低ければ事業者側を信頼して登記しない場合もありますが、高額になる際は万が一の事態を想定してほとんど必ず登記することになります。この登記には手数料とは別に数万円の料金が掛かります。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権を買い取り、場合によってはその債権の回収までを行う金融取引のことです。